雑記Blog

AirPods Proと第一世代AirPodsの比較レビュー

AirPodsPro比較
クスリ
クスリ
みなさん、おはこんばんちは!クスリです。

今日は雑記ブログです。『AirPods Pro』が本日発売しましたね。昨日の夜中に突如Appleのサイトに現れ、販売開始になりました。リーク通りの外見(色は28日にカラバリありとのリークでしたが現在白のみですね)でしたが、まさか10月29日に発表されるとは!しかも翌日の30日から発売開始。朝起きて速攻Apple Storeでポチリました。

というのも、第一世代のAirPodsが発売直近で買ったんですが、充電が45分くらいしか持たなくなっていたんですね。買い替えたいと思って、第2世代かSONYのWF-1000XM3と悩んでいたんだですよ。ついこの前も、地元の友人と東京で飲む機会があって、その友人がWF-1000XM3を買っていたので色々試させてもらいました。その友人にも昨日ソッコーで『AIrPods Proが発売されるぞ!』と連絡しました。彼からは「厳し目のレビュー待ってる」とのこと。彼も同じ悩みを持っていたんですが、待てずにWF-1000XM3を買った人です。そして、SONYのWF-1000XM3は、接続優先モードでも電車や渋谷でブツブツ切れるのでストレス、丁寧な扱いしないとすぐ壊れる、とのことでした。AirPods Proが良かったら乗り換えたいと言っていました。私は来春まで待とうと決めていたので、まさかの10月30日発売で嬉しい限りです。

さて、能書きはもういらないですね。さっそく開封の儀式です。

開封の儀式

AiroPodsPro開封

右は第一世代のAirPodsです。

 

PodsProの外見の比較その3

ドライヤー? 白いライトが格好いい。

 

PodsProの外見の比較その4

イヤーピースが3種類もあることをドヤ顔で言ってた公式サイト。

 

PodsProの外見の比較その5

この写真はMサイズなので早速、Sサイズ装着してみます。

 

PodsProの外見の比較その6

イヤーピースの取り外しは最初壊れてしまうんではないかという感想。でも、SONYのものよりしっかりプラスチックで装着しました感があって◎ パキッとしっかり入れ込みます。 SONYのって、いかにもゴムで止めました感じがして煩わしかったけど、これはいいですね。

 

PodsProの外見の比較その7

イヤーピースの大きさを参考にしてください。

 

PodsProの外見の比較その7

ここでまさかのアプデ要求。

 

PodsProの外見の比較その8

どうやらアプデしないと機能が限定的になる模様。

外見の比較から

AirPodsProの外見の比較その1

横に大きくなった感じ。イヤホンはどうみても『ドライヤー』。
うどんよりましかと。デザインは小さくなった感じに見えるのでいいですね。

 

PodsProの外見の比較その2

ヘッドの大きさはやや大きい。外れにくいようにだろうか。

外見はすごく良くなったと思います。ずんぐりむっくりですが非常にバランスがとれたデザインでいいですね。あと、イヤーパッドがどのくらい外れるかでレビューが別れますね

音の違いとノイズキャンセルと装着感

まだ使用間もないので細かいレビューはできないのですが、

音の没入感が半端ない。

音質のレベルを語るのに、オープン型とカナル型を比較できないと思います。好みもありますし、そもそも音が違いすぎる。あとノイズキャンセルがすごい!これは装着してから、2秒くらいあとから機能が実感できます。

カナル+ノイキャン 最強の没入感

私はイヤホンはカナル型の密閉感がある音のこもり方が好きなので、今回のProは最高に感じました。もうカナル型なだけで買いな人も多いんじゃないでしょうか?重厚な音質、没入感、これだけで買いですよ。

ただ、音質そのものは、第一世代から良くなったとは感じません。ぶっちゃけ、マラソン時に愛用している、SONYのNM-W623のほうが若干いい。特に重低音〜中音。音質だけの価値で比較するなら、防水スポーツモデルより音質悪くて3万っていうのはどうなんでしょ?普段使いするなら、それ以外が優れているAirPodsProのほうがいいですけど。逆にスポーツするならNW-W623のほうが優れているっていう。

んー3万のイヤホンの音質は、ないかな。

このイヤホンの比較対象って、過去のAirPodsやスポーツモデルのイヤホンではなく、SONYのWF-1000XM3ですよね。私は持ってないので、正確なレビューはできないですが、

音質はWF-1000XM3のほうがいい。

当たり前ですよね。SONYのスポーツモデルよりも音質悪いわけですから。あと、AirPodsは洗濯しようが、ドライヤーで変形するまで乾燥しようが、問題なく使用できた2年間でしたが、SONYはそうじゃないですよね?弱いですよね?で、壊れますよね?1年で。

装着感は、かなりしっくりします。旧モデルより落ちにくいと間違いなくいえる。適度な圧迫感があっていい。イヤーピースがクッションのように耳に適度に圧迫して、落ちる気配がない。2時間装着してるが痛くなる気配はありません

操作性

操作性については、最高です。iPhoneからノイズキャンセルの設定や音の外部取り込みの設定が左右独立してカスタマイズできる。そして、イヤーチップの大きさがあってるかなど、iPhoneが最高の使用環境をチェックしてくれる

マジですげー

iPhoneとのペアリング、MacBookProとペアリングした場合は設定はなにもしなくてもノイズキャンセル機能が働いてるし、もうMac製品使用しているなら一択でしょ。チップも高速、相性抜群。

これを考えるとWF-1000XM3は選択肢から外れる。

AriPodsPro設定1

ここから色々設定できいます。細かいです。

 

AriPodsPro設定2

音楽が流れてAirPodsProのチップテストをします。

現段階の結論

第1世代持ってる方は『買い』じゃないでしょうか?30580円で、イヤホンとしては高級な部類に入ります。オーディオマニアじゃない人がこの金額を出してもいいと、そんな製品を作ったAppleはさすがです。そもそも、この製品の価値は音質ではなく機能とapple製品との連携にお金を出す価値があると思います

SONYと悩んでいるなら、『買い替え』じゃないでしょうか?
相性、操作性、耐久性、接続の問題、AirPodsProのほうが優れていると思います。
音質にこだわるなら、SONYでもいいですが、そもそも圧縮された音源を無線で聞くレベルの音質で満足して音質語るなら、その程度のものなら、AirPodsProでも問題ないでしょう。

 

初代AirPodsを買うときは、2週間くらいwebストア毎日チェックして、銀座ストアピックアップ待ちしていました。今回は発売する前にwebストア購入できてよかったです。

絶対、品切れする!

間違いない出来です。これは、絶対に世界中で売れて品切れになります。今買うのがベストバイ!!