薬局開業

薬局開業の融資相談する際のポイント

公庫の融資相談
クスリ
クスリ
みなさん、おはこんばんちは!クスリです。

今回は、金融機関や公庫に融資の相談する場合の注意について書いていきたいと思います。

ただやみくもに薬局開業したらお金入るからお金貸してくれ、では貸してくれません。難しい話ではなくて、あなたが数千万貸す場合を考えてください。貸すに当たって色々聞きたいことがあると思いませんか?

実際に私が日本政策金融公庫で以下の目次にあるような項目を聞かれましたので、説明できるように事前に対策しておくと良いですよ。

なぜ薬局を開業したいのか?

どうして薬局をはじめたいんですか?といったごく普通の疑問ですよね。あなたが開業するに至った経緯を説明してください。前向きな説明でお願いします。ここで融資担当者はなにを見ているかと言うと、あなたの情熱を見ています。情熱がないと、立ち上げ時期や経営が厳しい時に簡単にやーめたってなっちゃうんですよ。

薬局を継続してやっていけるのか

ここでは、あなたのキャリアを見ています。
あなたならどちらの人に開業資金を貸したいですか?


製薬メーカーに努めていたが、なかなか研究開発の結果が出せない。中年になり配置転換の内示が出て、この機に脱サラして薬剤師の資格があるので自分で開業したいと思った。薬局をはじめたいので、3千万貸してださい。


自分の薬局を持つことが長年の夢で、以前いた会社ではマネージャーをしていて数店舗まとめていました。マネージャーの前は管理薬剤師として3店舗経験し、そのうちの1店舗は新規立ち上げでした。開業案件がその時と同じ科目の病院なので、経験を十分に活かせると思い、開業を決心しました。薬局をはじめたいので、3千万貸してください。

 

2番目ですよね。このくらい具体的なキャリアがあると継続してやっていく気持ちがあるんだな、って思いますよね。また薬局経営もできそうですし、その薬局を買った理由もわかりやすいです。

1の方も情熱を持って伝えればなんとかならなくもないですが、冷静にアドバイスをしてくれると思います。どこかの薬局に数年勤めてからでも遅くないですか?と。至極当然のアドバイスです。経験の目安として3年程度、さらに管理薬剤師の経験があると説得力あります。6年あれば十分です。マネージャーまではいりません。

どうやってその案件を見つけたのか

これも普通に興味もつ項目ですね。薬剤師会からの紹介、医師からの誘い、事業承継、M&A紹介会社からなど。その案件と出会ったエピソードを具体的に説明してください。話の整合性がとれないと、怪しまれます。嘘はつかないように。

何故売られて、何故あなたは買ったのか

ここから重要な話になってきます。なぜ、売られたのか?これを説明できないといけません。儲かっているなら、普通は売られないはずです。ワケがあるから売られるのです。そのワケが正当なのかどうか融資担当者は見ています。そして、数ある薬局から何故その薬局を買いたいのかを説明しましょう。

薬局が売られる本当の理由を相手は話さないかもしてません。でも、こちらも可能なかぎりリスクを少なくしたいので追求していきましょう。そして、融資担当者に上手く説明しましょう。

結構、細かく聞いてきます。矛盾を探す感じで聞いていきます。理解できないところは何度も聞いてきます。尋問を受けてる感じです。それって、改善しても利益に繋がりませんよね?その場合どうするんですか?と突っ込んできます。よーく自分の薬局の案件を調査して、考察してください。説明につまったら、怪しまれるので質疑応答を自分でシュミレーションしてください

クスリ
クスリ
私は県外から移住するので、移住の理由まで聞かれました。普通に興味ある項目ですよね。

収益構造を説明できるようにしておく

融資担当者は、調剤報酬の仕組や薬局経営の実態を知りません。当然です。なので、保険点数1点10円から各技術料の説明や調剤報酬の受取方法など、全てを説明できる必要があります。現在薬局に勤めているのであれば、主に以下の3つを勉強してください。

・レセコンの調剤報酬集計を1ヶ月出して、全ての項目の説明ができる
・処方せんの調剤録(裏打ち)を見て、全ての項目の説明ができる
・医薬品卸の支払いサイトと調剤報酬受取の仕組みを説明できる

自家製剤加算や一包化加算の算定要件みたいな細かい話はいらないです。
かかりつけ薬剤師や地域医療体制加算や後発医薬品体制加算などが説明をできるように。

利益は年にどのくらいでるのか

公庫の創業計画書と資金繰り表を作成しましょう。資金繰り表はネットでテンプレートが落ちています。M&Aする場合、その店舗の年間の諸経費や売上(レセコンの調剤報酬集計)などの情報を貰えますので、それを元に完成させてください。

日本政策金融公庫の創業計画書ダウンロードページ

そして具体的な役員報酬も決めてください。ご自身の生活費にいくらかかるのか、経費にできる生活費が毎月どのくらい発生するのかも把握してください。

クスリ
クスリ
当面の生活費である役員報酬も借入金に入れていいんですよ。

資金繰り表の作成はちょっと難しいかもしれませんが、融資する側は返せる根拠を探していますので、資金繰り表があると融資の話がスムーズに進みます。また、資金繰りを見ると黒字倒産(儲かってるのに医薬品卸に支払いができずに倒産する)を避けれますし、お金の流れも把握できますので頑張って作りましょう。

薬局開業資金の借入金額は妥当な額か

資金繰表が完成すると、運転資金が把握できます。運転資金も含めた開業費用が明確なるので、融資する側も融資額が妥当なのか、さらに問題なく返済続けられるのかが判断つきます。

自己資金(資本金)の捻出の仕方

資本金はどのように準備されましたか?家族からも出資を受けましたか?資本金は300万以上が望ましいという話はしました。そして300万は自力で貯めたお金がいいという話もしましたよね。

300万で薬局開業
薬局の開業資金は300万!?薬局の開業費用はいくらくらいかかるのか?独立開業をしたい薬剤師なら気になるところ。実際にいくらで開業できるのか、なぜ300万で開業できるのかを解説していきます。調剤薬局を開業したい薬剤師は参考にしてください。...

ここで融資担当者が、お金の流れを徹底して調査します。過去にさかのぼって調査します。過去の通帳を廃棄してしまった場合は、銀行にいって過去の取引明細を全部出してくれるので、それ持ってきてくださいと言われます。私の利用していたメガバンクは1000円くらいで発行してくれました。ちなみに私の利用している信金は無料でした。金融機関によって料金は違うようです。

ここからが重要です。宝くじや家族から内緒でお金を貰ったものを、『偽って』全て自己資金にして資本金にしました、と説明したとします。口座取引履歴から簡単にバレます。バレると一切融資してくれないので、嘘をつくのはやめましょう

あなたはお金の出どころに嘘をつく方に数千万貸せますか?

ということです。資本金300万のうち、100万は自己資金、もう100万は妻から、もう100万を親から出してもらったらとしましょう。そうなると、自己資金が100万しかないということで融資額は少なくなります。ですが、正直に言いましょう。

ただ、株の売却や自己所有車の売却などで得たお金はOKです。私も株の売却を認めてもらいました。ただし、売却した履歴と入金した履歴の提示を求められました。

あと、「毎月の返済ができない場合はどうしますか?」という質問を受けました。私は「妻の資産があるので、法人が妻にお金を借りて、そのお金で融資額を毎月返済します」と答えました。そしたら、「妻の預金残高も見せてください」って話になりました。とりあえず、全部開示です。逃げることも嘘もつけません。

クスリ
クスリ
そこまでするの?って感じでしたが、お金借りるってこういうことですよね…。

融資コンサルタントに注意

公庫や金融機関の融資を実行させるためのコンサル(相談のってくれる)がいます。

当時は初めて融資を受けるのでビビってコンサルのHPを色々見ていたんですよ。コンサルの方は飲食店や普通のお店は得意ですが、薬局経営や調剤報酬の仕組みをほとんど知らない方が多いのではないのか?という感想を持ちました。無駄に不安を煽ったりするサイトが多いですね。※私はこういったコンサルの利用はしたことないです。個人の感想です。

調剤薬局の融資は、優良案件であればほぼ間違いなく融資されるので、わざわざコンサルに頼まなくてもいいと思います。いかに優良案件かを説明するのかがキーポイントになります。

クスリ
クスリ
どうしても不安なら私がコンサルしようかしら笑

まとめ

過去に、まず最初は日本政策金融公庫で融資受けるといいですよ、という話をしました。

開業資金どこから借りるか
薬局開業資金はどこから借りる?薬局を開業する時にかかる開業資金。どこから借りればいいのか?メインバンクの決め方は?など、独立開業を目指す薬剤師に向けた薬局開業準備の記事になります。...

公庫で融資を受けることが可能と判断されると、信金や銀行でも融資を簡単に受けられます。金融機関も独自に慎重に調査をしますが、融資面談自体は簡単でした。公庫がGOサイン出したので、問題ないと判断されるわけですね。

クスリ
クスリ
長くなってしまいましたね。ここまでご精読ありがとうございました。もう少しお付き合いください。

最初は皆さん初めてのことで不安があると思います。しかし、収益構造や資金繰りを他人に説明できるようになるということは、しっかり形に落とし込んでいるということになります。自分のビジネスプランに自信がつきます。頑張って準備してくださいね。

情熱とやる気のアピールは必須

開業案件と薬局の収益構造を説明できるようになる

資金繰り表は頑張って自分で作る

自己資金は嘘を絶対につかない、必ずバレる

コンサルに依頼する場合は薬局経営に強いか確認してから