薬局開業

薬剤師の転職 独立開業支援に気をつけて!

独立開業支援気をつけて
クスリ
クスリ
みなさん、おはこんばんちは!クスリです。

将来、独立開業したい薬剤師の転職について書いていきたいと思います。

グーグルで『薬剤師 開業 独立支援』などのキーワードで探してみてください。転職サイトや開業支援を謳ってる調剤薬局の会社のサイトが出てきます。その全て、とまでは言いませんが、あなたの『やり甲斐』を搾取する可能性があるので注意喚起として記事にしました。

これは双方に問題ある、と考えてください。

なぜ独立支援をするのか?

独立思考のある方は、男性に多く能力が高くやる気がある人材が多いです。しかし、今すぐの独立開業はノウハウがなく難しいし、開業資金を貯めなきゃいけないし、案件もないので独立支援している調剤薬局の会社に転職するわけです。

独立開業支援をしている会社は、規模は様々ですがチェーン展開している薬局になります。慢性的に薬剤師が不足しています。M&Aを繰り返して出店を続けているからですね。

こういった会社は、どういう人材に働いてほしいかというと

・週6日勤務、長距離通勤に耐えられるくらいの体力がある人材
・数店舗まとめられるマネージメント能力がある優秀な人材
・高い給与を求め、出世意欲がある人材
・結婚や出産で仕事を休職や退職しない人材

このような人材が欲しいので、独立開業支援を謳って、やる気や向上心のある優秀な男性の薬剤師を集めるわけです。一言でいうと、

会社で頑張れば、開業ノウハウや案件を紹介しますよ

ってことです。別にこれ自体はいいんですが問題なのは、頑張ってもノウハウや開業案件を紹介しないことなんですよ。本当に多いです。何人も見てきて、最終的には会社を辞めていきました。

ぶっちゃけ言うと、私も上からの指示でこの餌をまいて新卒中途関係なく採用活動していました。元いた会社がそうでしたし、一緒に仕事した転職エージェントも、M&Aの業者もそう言ってます。もうこれは、こちら側からすれば常識みたいなものなんです。

本当に支援する会社と支援しない会社の見分け方は?

答え:ないです

転職アフィサイト(転職サイトに登録させて報酬を貰うサイト)とかに、ちゃんと実績あるのか細かく質問しろとか、書面で契約書を書いてもらえとかあるけど、もうこれナンセンスです。

どこも客寄せパンダとして、支援実績つくるために開業支援を実際にしています。既存の店舗を格安で売ってあげたりしています。開業支援の実績の水増しもしています。これでコンスタントにやる気ある優秀な人材を採用できたら安いもんですよ。

本当に支援する会社とは、一度でも実績がある会社を言うんですか?
そこに入社して、頑張ったとして、あなたは客寄せパンダになれるんですか?
客寄せパンダになるために、上司や社長に気に入られ、安い給与で週6日、遠くの店舗にも応援にいかされ、法的にアウトなこともやらされて、文句も言わずに、開業支援本当にしてくれるかわからないのに、数年間も社畜人生耐えられるんですか?

にんじん吊るされた馬車馬』ですよ?

求職者にも問題がある

私は前職では最終的に経営陣側にいました。役員達や社長は現場の薬剤師にはとても言えない話をしています。ですが、求職者にも問題があるんですよ。足元見られていますよ?

開業したいと言ってるのも今だけ。実行に移す人なんてほぼいない。
夢みせないと、頑張れないでしょ。嘘はいってないんだから。

結局、いつかは開業したいって言ってる人が多すぎます。
そこを漬けこまれるのです。お互い利用し利用され、ってことなんです。

クスリ
クスリ
私は元いた会社を一切頼らず開業しました。裏を見すぎたので信用していませんでした。

それでも誰かを頼って開業したいんだけど

私が知っている話は3件ほどでそんなに多くないのですが、どれも薬剤師会繋がりです。個人でやってる薬局は、善意で相談のったり支援してくれたりする経営者さんがいます。まぁこのサイトもそういった感じですが笑

薬局経営をして薬剤師会に所属していると、医師から「開業(院外処方に)するから良いパートナーになれる薬局はないか?」という相談がたまに薬剤師会を通して入ります。で、儲けに走らない薬局経営者さんは自分のスタッフにのれん分けでやってみない?という形で声をかけたりします。

薬剤師会との繋がりがないんですが?

もうこうなったら、薬剤師会に加入している後継者を探している薬局に転職ですね。転職サイトでもこういった案件でているので相談してみるのも良いですね。

薬剤師がこないからM&Aするという案件で、薬剤師見つかったらM&Aしませんっていう都合のよい案件もあるんですよ。そういったところには、引き継ぐことを前提に入職します、っていう交渉をすればいいと思います。しっかりと契約書を交わして。

ただ、これトラブルになりやすいのおすすめしません。やっぱり手放したくないって言い出したり、引き継ぐには問題ある薬剤師だと判断されたり、逆にあなたが開業医が持病患っていて長くないとかマイナスの情報が判明して引き継ぎたくありません、っていう話になったりで。

よく考えてから契約しましょう。

薬剤師転職斡旋業者に気をつけて!

インターネットで薬剤師の転職サイトを色々見て思うんですけど、怪しい転職斡旋している方いますよね。むかーし私の知り合いにも個人で薬剤師や薬局を転がしていた怪しい人を何人か知っていますので、同様の業者かなーって思っちゃいます。

どういったところを見ればいいかというと簡単です。運営会社の住所地です。バーチャルオフィス(仮想住所)を使ってるところは企業としての信用が皆無です。リアル店舗の金融機関からも口座開設できないレベルで信用がないです。

グーグルやグーグルマップで住所地を調べてください。新宿や池袋のバーチャルオフィスのサイトやビルが出てきます。バーチャルオフィスは架空請求や詐欺の会社がよく入っていますね

このような企業や薬剤師転職斡旋者は、薬剤師を右から左に流してお金を儲けていますので、注意が必要です。善人ぶったり過去の実績を掲載したりしますが、薬剤師を”商品”として扱いをする人達なので注意が必要です

クスリ
クスリ
まぁ今どき有名でない転職サイトを使う薬剤師さんはいないと思いますが。

事業承継を望んでいる薬局への転職は、必ず大手を利用してください。ただでさえトラブルが多いのに、個人や怪しい会社経由で探すのは愚の骨頂です。常に喰い物にされるっていう意識で動くくらいが良いです。冗談抜きで。

まとめ

いかがでしたか?私が書いたことは全てではないですが、私が体験した事実であることは間違いないです。薬局開業をしたいという夢を利用する人が身近にいるということです。

・にんじん吊るされた馬車馬にはならない

・会社の開業支援するかしないかは、未確定要素が多すぎる

・バーチャルオフィスを使ってる転職業者は信用しない