薬局開業

薬局を独立開業して経営者になったら年収いくら?

薬局開業年収いくら

クスリ
クスリ
みなさん、おはこんばんちは!クスリです。

今回は薬剤師が薬局を独立開業したら年収がいくらになるのか検証していきます。

今の年収に不満がある、伸びしろがない薬剤師の給与、人生で年収1000万以上を稼いでみたい。そんな悩みを打破できるのが、独立して開業すること。やっぱりサラリーマン薬剤師より高給取りになりたいですよね。

薬局の売上別の役員報酬

薬局の会社の売上規模別の役員報酬が載っている資料が手元にありますのでご紹介します。どのくらいの規模になると、どのくらの役員報酬が貰えるかの目安にもなりますので、チェーン薬局の役員報酬もざっくりわかります。

※この資料の詳細はここで公開できないものですが、限られた税理士法人が共有してるいる毎年アップデートされるデータです。今回は0円〜5000万までの小規模売上の調剤薬局業種の会社にフォーカスをあてて書いています。

ざっとみたんですが、そこそこ儲かってますね。しっかり国の政策にのって黒字経営している会社の役員報酬は高い傾向にあります。

薬局が儲かっていると色々妬まれるので、儲からないって言っていたほうがいいですね。現実では私も薬局は儲からないですよーって言っています。なんだかんだ言っても、薬剤師は妬まれているので汗

では、具体的に見ていきましょう。

3500万規模の会社

売上0円~5千万規模の黒字会社のみの平均

役員報酬:494万円

がっかりしましたか?儲かっているって話だったのに、こんなもんなんですか!?儲かってないじゃぁーないですか!!

売上が少ないので仕方ないですね。内科で処方せん単価8000円、月22日営業で計算すると1日あたり処方せん17枚の薬局です。では、次を見たらどう思いますか?

従業員給与:256

これは配偶者を従業員にして給与を支給していると思われます。節税するために家族を従業員にして給与を分散しています。医療事務の年収の目安は250万です。だいたいあってます。

117枚くらいなら1人薬剤師で対応できますよね。配偶者がフルタイムで働こうが、働かなかろうが関係ありません。この規模は家族以外を雇う必要がないのです。よって、従業員給与はそのまま家族従業員に全て渡されると考えられます。世帯年収はこれで750になりました。まだ、足りませんか?足りませんよね。

経費で節税:200

では、節税して経費で色々落としてみましょう。家賃のほとんどや車に関わるほぼ全ての費用や携帯電話や家のインターネットなど全て経費になります。ご自身の保険(経営者向け)も経費にできます。会議費で外食、接待交際費で高給寿司、勉強会や施設見学と称した旅行の交通費や宿泊代なども経費になります。

どうですか?自分で法人を作ると、こういうことができます。

会社の私物化?いいんです。株主も役員もあなたしかいないのですから、会社はあなただけのものです

サラリーマンの給与換算でいくらくらい?

経営者とサラリーマンでは、給与という概念が違います。今回は詳しい説明は省きますが、数字だけで薬局経営者の実際の年収に迫ってみましょう。

ここにタイトルを入力

自分の役員報酬   494万の手取り額 380

家族の従業員給与  256万の手取り額 203

節税した経費             200

合計        783万(自由に使えるお金)

手取り783万のサラリーマンの給与は1050相当

どうですか?1000万超えました。このくらいの規模ですと1人薬剤師でも対応できますよね。配偶者が薬剤師でなくとも行けそうです。これに近くの施設へ営業をかけて、施設調剤の仕事を貰うともっと収入が伸びますよ。

赤字の会社はどうなの?

赤字の会社の数字も見ていきましょう。小さい規模なんだから赤字だったら役員報酬はないんじゃないの?って思いますよね。私もそう思ってました。では、具体的な数値を見ていきましょう。

3200万規模の会社

売上0円~5千万規模の赤字会社のみの平均

役員報酬:442

従業員給与:302

黒字も赤字もそんなに変わりないんですよね

なんで赤字なのに役員報酬が変わりないの?

これは意図的に赤字にしている企業が多いのだと思います。赤字にすると法人税がかからないんですよね。(赤字でも7万円はかかります)

税務署にお咎めないように経費で落とすのにも、限度というものがあります。ギリギリ赤字の数字になるように役員報酬や家族従業員の給与を設定するんですね。それでも利益が出てしまったら、小規模共済などの節税アイテムを使ったり、家族従業員に賞与を出して赤字にさせます。

小規模調剤薬局というのはある程度安定した数字が続くので特別変化がなければこういったギリギリ赤字にするというのが簡単なんです。しかも、このくらいの年間売上の薬局は、赤字企業のほうが圧倒的に多いんです。

クスリ
クスリ
黒字企業の3倍赤字企業

この3倍という数字だけみて、個人規模の薬局経営は大変なんだなーって思うのは早合点です。サラリーマンの薬剤師より稼いでいる方が多いです。逆を言うと、ものすごい社畜全開の働き方をしても雇われ薬剤師は全然稼げないです。残念な職業ですが、現実を受け入れなければいけません。

クスリ
クスリ
雇われ薬剤師でいる限り、稼げない人生確定

ちょっと細かい話になってしまいましたね。今は会社が小規模の場合は、あえて赤字にするケースがあるってことを理解して貰えれば良いです。黒字も赤字も役員報酬がそんなに変わらないのはこの理由からです。

薬局経営してるけど、赤字なんだよー。本当に儲かんない

って、真に受けちゃだめですよ!あえて赤字にしている小規模薬局経営者が多いです。私も薬局を経営するまで知りませんでした。雇われ薬剤師の場合は、ここまで考えませんよね。

『独立開業なんてリスク高い上に儲からないし、今どきやるの?』

↑これ実際に雇われ薬剤師に言われました。どういう気持ちで言ったのかわからないですが、ずっと雇われ側の狭い世界で生きてくださいって思ってます。具体的に数字を見せて説明してほしいですよね。まぁ薬局開業はお金儲けの手段ではなく、ロマンですから。根っこは自分のパン屋さんとかケーキ屋さんとか持ちたい気持ちと同じです

クスリの薬局はどうなの?

私のところはまだ初年度の決算をしていませんが、税理士さんと打ち合わせしてこのままだと黒字が出ちゃいますね、って話になりました。100万以上の法人税の支払いをしなくてはいけなくなりそうです。初年度から黒字なんですが、なんか嬉しくないです笑 なので節税対策思案中です。

私の報酬ですが、他の記事でも書きましたが、来期はサラリーマン年収でいう2000万は超える額を設定します。会社の年間売上は5000万〜1億の規模になります。今のところ、銀行への借り入れや規模の拡大を狙っていませんので来期は赤字を出します

『薬局は赤字だし儲からないんだよね、おすすめしません』(嘘です

クスリ
クスリ
来期はもっと役員報酬貰います。

クスクスリの薬局案件
クスリの薬局ってどんな案件だったの?実際に開業する前の理想と、開業した案件の現実を比較しながら、どこを妥協したのかなど解説していきます。これから独立開業する薬剤師は参考にしてください。...

まとめ

いかがでしたか?処方せん1日17枚程度でもサラリーマン年収1000万相当の収入が得られます。この規模なら安く薬局をM&Aできますし、お手頃価格ではじめられます。独身の方でも1人で営業できますしね。ご自身で薬局を成長させたいなら選択肢の一つとしてアリかな、と。

・処方せん枚数:1日平均17

・科目:内科

・処方せん単価:18000

・休み:週2.5日休み、年休125

・年間売上:3500

1人薬剤師の薬局

サラリーマンの年収でいう1000万相当